サイトマップ

マイカーローンをしっかりと比較

マイカーローンをより低金利で借りるには、比較をすることが大切です。比べてみないと金利がどれだけ違うのか、商品としてのマイカーローンの違いはどこにあるのかが分かりづらいので、適するマイカーローンで借りるためには比較は必須と言えます。

 

 

ただ、マイカーローンの比較をする際に問題となるのが、どことどこを比べるかです。マイカーローンは多くの金融機関で取り扱っており、ディーラーでのローンと比べる先も都市銀行、地方銀行、ネット銀行と様々です。

 

どこが優れているのかはすぐには分からないものですので、おすすめのマイカーローンで比較が出来る人気のおすすめマイカーローンを参考にしながら、自分に合うローンや金融機関を見つけると効率的で無駄がありません。

 

残価設定型のマイカーローンにも注目

今や自動車を購入するにあたり、マイカーローンを利用することが非常に多くなっております。最近ではこのマイカーローンの組み方も色々とあり、昔のように均等払いやボーナス併用型だけではなくなってきております。

 

この中で、最近になって主流になってきているのが、残価設定型ローンです。このマイカーローンは、3年から5年後の下取価値を保証し、それを元金から差し引いて分割するというやり方です。

 

例えば、300万円の元金に対し、5年後の残価が100万円だったとしましょう。この場合、最終回の60回目に100万円が当てられ、残りの200万円を59回で割るというかたちになります。

 

このローンのメリットは、月々の支払い金額が安く抑えることができるという点にあります。人気車種であれば、当然残価が高いので、月の負担が大きく軽減することが出来ます。

 

しかしながら、このローンにはメリットだけではなくデメリットも存在します。一番大きいのが、金利なのです。通常、マイカーローンの金利は、残債に対して発生してきます。従って、残価設定型の場合、最終回を迎える前まで、この残価に対して金利がかかってくるのです。ですので、どこのディーラーに行っても、残価設定型ローンのほうが金利が安くなっているはずです。

 

将来的に乗りつぶすことを考えている場合は、実は通常クレジットで金利の交渉をして組んだほうが支払いの総額は安くなるのです。目先の支払額を見ることと、金利を含んだ支払いの総額を良く見て、自身に合う購入の仕方を考えるべきでしょう。

 

マイカーローン審査では住所も大事

マイカーローンの審査の際は自宅の所在地がチェックされる場合もあります。特に地方の銀行や信用金庫のマイカーローンの場合は、特定の地域に住んでいる人にしか融資をしないケースがあるので要注意です。

 

また、家の形態もチェックされます。持ち家の方が借家よりも有利に扱われる傾向があります。その理由は別に持ち家が資産と見なされているからではありません。家を持てるだけの収入があるのはよいことですが、住宅ローンの返済に追われ余裕が無いとも見れるからです。

 

マイカーローンで持ち家が有利な本当の理由は連絡がつきやすいからです。返済を滞納してしまう人もいるので、連絡がとりやすい方が融資側としては安心します。借家だと引っ越せば終わりですが、持ち家ではそうはいかないので評価が高くなります。

 

さらに、今の住所に住んでいる年数もチェックされます。これも理屈は持ち家かどうかの場合と同じです。長く住んでいる人の方が、その場所から離れる可能性が低く、連絡がつきやすいと融資側は判断します。借家に長く住んでいるケースと、持ち家に短期間しか住んでいないケースで、どっちが有利かは微妙なところです。もともと、住所情報の審査での価値は高くはないので、あまり難しく考える必要も無いでしょう。

 

マイカーローン比較の際には審査の基準や早さも見るべきです。申し込みをしても審査に通らないと意味が無いので、そのあたりも含めて比較が出来るマイカーローン審査比較も大いに役立つ情報サイトと言えます。